ウエストゲートとは

| 未分類 |

ウエストゲートとは、クルマのガソリンもしくはディーゼルエンジンからターボチャージャーへ流れる排気ガスの流れを調整するバルブのことをいいます。

 

このバルブがターボチャージャーのタービンに流れる排気ガスの流入量を調節することでターボチャージャーによる下級圧を適度に調整することができるのです。形状は本当に水道のバルブのような形をしていますが、これがとても重要な役割を果たしていくことになるのです。ドライバーが適切にブースト圧をコントロールするためにはエンジンとターボーチャージャー両方にあったサイズの部品を選択することが極めて重要です。ボリュームをコントロールする弁であるだけに適切なサイズのものを設置しませんと十分な機能を発揮しないことになります。実際にこの弁には外付け型と内臓型があり、標準品は
ほとんど内臓型で対応していますが、モータースポーツなどで可変的にこのバルブを調整したい場合には外付け型の設置が好まれることになります。

 

 

最近ではエンジンのダウンサイジングが進み、小排気量のものにターボ過給を施すことで大きな力を発揮させていくエンジンの搭載が増えてきているだけに、この部品もさらに重要度を増している状況にあります。