ターボチャージャーについて

| 未分類 |

ターボとは、ターボチャージャーを略した呼び方です。ちなみに日本語にすると過給器となります。

 

 

ターボの仕組みはそれほど難しいものではなく、エンジンから出る排気の勢いを利用してタービンを回して、吸気を行うというものです。ですから排気が多くなればなるほど、どんどん吸気する事になります。エンジン内に空気をたくさん入れれば、点火した際に膨張する体積が大きくなりますので、それだけ多くのパワーを出すことが出来るようになります。つまり小さい排気量のエンジンを、大排気量のエンジンに変えてしまうような効果が有ります。ターボというとハイパワー車に付いている事が多く、加速がとてもよい代わりに燃費が悪いというイメージが有りました。ですから最近の燃費を重視している風潮の中では、ターボは敬遠されがちになっています。ですがここ最近では、燃費を向上させるためのターボに注目が集まっています。

 

 

 

そもそもターボは、燃費を向上させるために開発された装置だとも言われています。低排気量のエンジンで低回転からターボを効かせる事で、燃費を向上させることが可能になります。この技術はロープレッシャーターボと呼ばれていて、世界各国の自動車メーカーが採用しています。