スーパーチャージャーのリリーフバルブとは

| 未分類 |

エンジンの回転を利用してベルト駆動されるスーパーチャージャー搭載エンジンの場合、この仕組みにはターボチャージャーのようにウエストゲートバルブもブローオフバルブも存在しない代わりにリリーフバルブというものが装着されています。

 

 

これは、過給圧開放弁であり、インテークマニホールドの近くに装着され、想定を超えるような過給圧がかかった場合にこの弁が買いふぉうされることによって最大過給圧を一定に保つような仕組みとなっているのです。ターボチャージャーのブローオフバルブというのは主にターボの振るブーストからスロットルを戻したときに作動して逆流を防ぐ働きをしますが、こちらのバルブのほうは過剰圧力開放の機能だけを受け持っています。開放された余剰過給圧力は大気放出されずにスーパーチャージャー自体に返送され、最終的にはインテークポートに戻されることとなります。一般的にはこのバルブもターボと同様にブローオフバルブと呼ばれることが多くなっているのが最近の状況です。

 

 

市場ではターボチャージャーのほうが圧倒的に普及してしまっているため、このような呼び名に統一される方向のあるようですが正式名称はこの名前が正しいということになります。