バイパスバルブの種類について

| 未分類 |

自動車の出力向上には取り入れる空気量を増やす事が重要となります。これを活用した機構の一つがターボチャージャーです。

 

自動車のエンジンから排出されるガスの排気圧力を活用して、タービンを回し圧縮空気をエンジンに送り込みます。これによって、出力向上を果たしています。このターボチャージャーの構成部品の一つで、安定した出力を確保するための役割を果たしているものが、バイパスバルブです。このバルブは、排気圧力が高くなりすぎた場合に、過剰な排圧を大気中に逃がす事で、安定化させています。このバルブには2種類あります。一つ目がアクチュエータ式、二つ目がウエストゲート式です。前者は、機構部品を組み合せる事で大気開放用のバルブを駆動します。小型の為、ターボチャージャーと一体化でき、スペース効率に優れるのが特徴です。後者は、排気管の途中にバイパス経路を設けているため、一度に大量の排気圧を逃がす事が可能となっています。

 

 

これらの特徴を総合すると、アクチュエータタイプは純正タイプや小型のターボチャージャーに向いており、ウエストゲート式は、大容量のタービンをもったターボチャージャーに向いているといえます。このようにバルブは、ターボチャージャーに合わせて選択されています。