ブローオフバルブ取付によって生じる弊害について

| 未分類 |

ブローオフバルブは、ターボチャージャ付のクルマに装着される部品で、アンチラグシステムのひとつといえます。

 

 

ターボにブーストをかけて走っている時に、一瞬アクセルをオフにしまたオンにした時などにターボのレスポンスを可能な限り落とさないようにするための仕組みとなっています。この部品はメーカーが装着している場合にはほとんど弊害らしいものはありませんが、社外品などを取り付けした場合には若干問題が起きることも考えられます。たとえばエアフローメーターを装備している燃料噴射装置では、このバルブかの大気開放はエンジンコントロールユニットの吸気計算に影響を与えることになります。もちろんメーカーの標準装着品はこうした影響を考慮して装着されていますが、社外品で容量の大きなものなどを装着してしまいますと、多すぎる燃料噴射を起こしてしまうことになり、エンジントラブルの原因にもなりかねないのです。純正装着品の場合には通常は吸入空気を再循環させるように配管されているので問題ないのですが、後付のものはこうした調整が図られていないため、しばしば問題が起きることがあります。

 

 

またこの圧力を調整できる製品では最大過給圧を考慮して調整しませんと逆に十分な過給圧が得られないといった問題が起きることもあるのです。