ブローオフバルブってなに?

| 未分類 |

ブローオフバルブとはターボチャージャー等の過給機を搭載する自動車に装着するパーツのことです。

 

その目的はアクセルをオンした時とオフした時のエンジンレスポンスの向上を高める目的とタービンの保護を目的としています。ターボチャージャー等のシステムは簡単に説明いたしますと、タービンを回す事でより多くの空気を強制的に取り入れてエンジンの出力の向上を目指すシステムですが、アクセルをオフにした時には強制的に取り入れられた空気は行き場を失う事になります。

 

 

その結果、タービンの回転方向とは逆方向の力をタービンに与える為にタービンに良く無い影響力が生じます。そこでスロットルバルブと呼ばれる吸気量をコントロール部品とタービンとの間の段階で吸気を大気解放して逃がします。この事で行き場所を失った空気からタービンを保護すると同時にアクセルをオンにした時にスムーズな空気の流れをいち早く整えることも出来ます。又補助的な作用にはなりますが、設定値以上の過給圧を係った時には圧を逃がす事でエンジンを保護する効果も有ります。

 

 

自動車メーカが標準で装備するシステムでは大気解放せずに循環させる構造ですが、社外部品メーカが販売するアフターパーツと呼ばれるタイプの多くは大気解放する構造が多く解放時には排気音がする構造になり演出効果も加味された製品が多くあります。