ラムエアインテークにおけるブローオフバルブとは

| 未分類 |

【ラムエアインテーク】とは、インテークと呼ばれる空気の取り入れ口から積極的に空気を取り入れることによって、エンジン内部の燃焼室の空気供給を高めることで出力アップを図ることが出来るシステムです。特に航空機などの高速で運動するもので高い効果を発揮しますが、市販車の様に速度域が高くない場合、それによる過給効果の上昇自体はそれ程期待が出来るものではありません。

 

 

 

しかし、吸気管内の空気抵抗を減らすことによって【ポンピングロス】を低減することが出来る効果があります。ポインピングロスとは、吸排気のバランスにおいて、圧力の高い方から低い方へ流れてしまうことにより抵抗が生じ、そこで損失したエネルギーが発生することを指します。

 

 

高速走行が可能な高性能スポーツカーなどに採用されている事が多く、特に高速走行時はエアクリーナー内部の吸気圧が高くなるため、その状態でのスロットル操作によっては不規則・不安定な吸気動作となってしまう可能性があるため、エアクリーナー内部の圧力を安定させるために【ブローオフバルブ】をボックス内部もしくは外部に取り付けることがあります。この目的はポップオフバルブに近いものであり、エアクリーナーボックス内部の余剰な圧力を排出し調整するためです。